‘Pro vera misericordia et cara humanitate perennis décor universalis’
「博愛の功徳を顕揚し、
これを 永遠に 世界に 伝える」
これは、1985年眞玉橋ノブが受賞したF・ナイチンゲール記章(メダル)の裏側に刻まれている言葉です。
私たちの母(写真後列右)は、生前のノブを公私にわたりサポートし、
私たちはいつもその母の背中を見て育ちました。
「沖縄の長い歴史にノブが遺した功績は、世の中のために役立てなさい。」
母は私たちにそう教えその遺志を託して2003年この世を去りました。
写真 前列両端が幼き姉妹
昭和60年5月13日 琉球新報

私たち姉妹にできること

辛く悲しい戦争の経験をのりこえ育まれてきた、人間と看護の営み。
私たちはもちろん戦争の体験者ではありませんし、また看護師の経験もありませんが、この美しい沖縄の島に生まれノブとの生活を共に過ごしたことで、平和や命の尊さだけでなく看護の大切さや重要性について、常に身近に感じながら育った世代です。
その世代の義務であり、また使命として、次代を担う子ども達のためにも、ノブの功績を後世に語り継ぐ必要があると考え、2017年11月二人で眞玉橋ノブ研究所を設立しました。
そして翌2018年11月ノブの生誕100周年を節目に、たくさんの方々のご支援をいただきながらOkinawa Nightingale Projectをスタートする運びとなりました。

-Okinawa Nightingale Project-

世界中の人々に親しまれているフローレンス・ナイチンゲールのように、沖縄ナイチンゲールの物語を世界中に届け、この島の美しい心で世界を癒し、少しでも看護の世界を支えるお手伝いができれば。 眞玉橋ノブの家族として、ひとりの女性として、そして母親として

私たち姉妹にできること

私たちの取り組みをあたたかく見守っていただき、またご支援いただけますと幸いです。
令和元年5月12日
非営利型一般社団法人 眞玉橋ノブ研究所
代表理事 眞玉橋加奈子 松岡由香子
眞玉橋加奈子(妹)
眞玉橋加奈子(妹)
松岡由香子(姉)
松岡由香子(姉)
名 称 非営利型一般社団法人 眞玉橋ノブ研究所
所 在 〒903-0815沖縄県那覇市首里金城町1-4-205
代表理事 眞玉橋加奈子/松岡由香子
理 事 大湾聡/山口賢一/比嘉秀智
水谷達朗/森山紹太郎/大城将希
設 立 平成29年11月21日
FacebookTwitterLine